· 

浴室の止水工事

こんにちは、止水工事のベイプランです。

 

本日はこんな在来工法の浴室の止水工事です。現地調査に行った時は、下の階の天井が一面濡れているくらいの漏水が

あったので、今回は万全を期して上の階から注入と下の階からも注入して、確実に止めに行きました。

 

1日目はまずは上の階の施工です。

 

どこかの防水層が切れていて、そこから水が侵入して下の階に落ちているというのが漏水の状況と考えて、施工は

床面一面に注入防水という工法で行いました。これは切れている防水層の下に注入により新たな防水層を作り、止水する

というやり方で、屋上や浴室でよく行います。

 

ポイントは防水層の下に注入するということです♪

注入すると、床面の空間に材料が入っていきます。圧力をかけて注入するので、材料が床面全体に

広がっていき新たな防水層を作ることになります。

 

写真のように注入しているところと別の箇所から材料が出ているのは、そこから水が入っていると

いう証拠にもなります。

 

これを丁寧に全体的に行うことで、新たな防水層が形成され水が入っても下の階に漏水することは

無くなります。

 

効果はてきめんで、施工後に散水テストをしましたが、もう下の階に漏水しなくなりました♬

すぐに結果がわかるのもいいですね〜!

 

あとは明日下の階の天井に注入して、完璧に止めます。

 

上の階の住人の方もこれで心配せずに浴室が使えるので、喜んでもらえたはずです。

 

確実な止水を目指して、一つ一つ実績を積み重ねていきますので、漏水で困ったらお問い合わせください!