· 

【動画】施工事例 配管周り

配管周りの止水工事事例を動画でまとめました。

 

配管と壁の間に空間があり、そこに水が溜まるんです。よくあるのが、表面をモルタルで補修しているケースですが、

見た目は綺麗なんですが、モルタルの裏は結局空間が残っているので、そこに水が溜まって、オーバーフローした水が

じわじわ湧き出てくるんです。

 

穴を開けたら、勢いよく水が飛び出してきます(笑)

 

この場合は、注入することで内部の水を押し出して、水の代わりに止水材料を充填できれば止水完了です。

注入の量が少なく、内部にしっかり充填できなければ再発の可能性があるので、注意が必要です。

 

このパターンはよくあってわかっているので、そんなミスはしませんが!

 

見た目は綺麗に纏まっていても、止水をイメージして施工は基本的にしていないので、裏側に漏水の原因が隠れている

ことはよくあります。そこを見つけるのも止水工事の大切な役割でもあります。

 

ついつい裏側を読んでしまう癖がついてしましますが(笑)