· 

【動画】漏水のサイン(壁面)

こんにちは。止水工事のベイプランです。

 

今回は壁の漏水のサインについてご案内する動画を作りました。

一般的には漏水に気づくのは「水が落ちてきた」「床に水が溜まっている」といった状況ですよね。そのほかに建物の

状況によって漏水を見つけるサインがあります。今回のケースは壁の膨れ・剥がれのサインです!

 

皆さんの身の回りに壁や壁紙が膨れている、または剥がれていることはありませんか?

あるとしたら、これは漏水が実際に起きているサインです。そうなると自然には直りませんので補修する必要があります。

 

膨れている箇所を剥がして、よく見るとそこにはひび割れ(クラック)があります。つまり、雨水が壁面のひび割れ部分に

入ってきているということです。その量が多くなると壁に滴り落ちてきたりして漏水に気づくということになります。

 

水は目に見えない箇所を通ってくるので、非常にわかりにくいですが、このようなサインで気づくことができるので、

漏水に気づいた際は早めに対処することをお勧めします。なぜならどんどん悪化していくからです!

 

実際にどんなのかは是非動画ご覧ください。動画は今回で9作目で、少しづつ進化してきています(笑)

これからも止水工事について少しでも知っていただけるよう、情報発信していくので、宜しくお願いします。

 

是非、Youtubeチャンネル登録してください!

「雨水・地下水の止水工事専門家 ベイプラン」