· 

注入防水

こんばんは。止水工事のベイプランです。

 

今日は少し変わった施工方法で「注入防水」についてご案内します。

 

一般的に屋上が原因で漏水する場合は、防水をやり直ししましょうという大掛かりな工事をご案内されるケースが

多くなります。現在ある防水層が切れており、そこから水が侵入して下階の天井から漏水するというパターンです。

 

弊社では全体の防水施工ではなく、切れている防水層の下に新たな防水層を作って止水する「注入防水」の施工方法で

部分施工をしています。これは注入材が流動性があるため、防水層の下に注入して材料を広げることで新たな膜ができて

防水層となる理屈です。

 

実はこの施工方法の止水は非常に信頼性が高く、再発の可能性が低いのと、お客様にとっての一番のメリットは

部分施工ができるので、コストを抑えることができるという点です。

 

全体の防水と部分施工の止水では金額の差はかなり大きいので、メリットは大きいのです。

 

屋上が原因の際はこの「注入防水」も是非ご検討ください!