プルシエ止水工法(特許出願中)
プルシエ止水工法とは

漏水箇所の原因を探り、漏水を生じた水みち=空間を確認し、水みちとなる空間を注入工法によって止水材を注入し、止水(防水)します。

 

クラックの場合、0.2mmあれば空間への注入・止水が可能です。

屋上においては、漏水している周辺に注入し、内部に新たな防水層を形成させて止水します(漏水している範囲を限定して止水します)。

 

Uカット・Vカット等はせず、注入後は3〜6mmの穴跡が残るだけで、大きな傷跡は伴いません。このようにプルシエ工法は、クラックの補修工法としても最適です。

プルシエ止水工法の特長
プルシエ止水工法の適用範囲
プルシエ止水工法 施工要項